2010年03月06日

5歳児が餓死

5歳児が餓死した・・・というニュースをやっていた。
本当に悲しいニュースだと思う。
通常の身長、体重からほど遠い発達状態。
おむつをしてベットに横たわっていた、という。
想像するだけで、なぜ?という感情しか起きない。
そんな状態のわが子を見て、感覚が麻痺している
親も気の毒だと思う。人としてあってはならない
事だが、多分親自身もどこかの糸がぷつんと
切れてしまっていたのだろう。
子育ては、想像以上に自己犠牲の精神がなければ
難しいと思う。子どもが自然とかわいいと感じる
事が第一歩。自然と感じない場合は、犠牲になって
いると感じてしまうだろう。

今自己愛が強い若い人が増えている。子どものために
そんな事を考えるなんて無理なのだ。
子ども作らなければいい・・・。
posted by ネコさん at 05:35| ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。